JA静岡市

文字サイズ:

静岡市の特産品

旬の食材とおすすめレシピ

ゴボウは、細く長いことから長寿の象徴とされる縁起物。栄養面では便秘改善、高血圧・貧血予防、生活習慣病予防など、腸の働きを整えたり、血糖値の上昇を抑制したりと大活躍です。皮の部分には風味やうま味が多く含まれるので、むくのではなく軽くこそぐ程度にしましょう。ささがきにして軽くゆで、水気を切れば冷凍保存もできて便利です。

今年のお節は一人ずつワンプレートで♪

つくりかた
① ゴボウはたわしなどで皮をこそげ、5cmくらいの長さに切る。まな板の上ですりこぎやビンなどで軽くたたき、太い部分は縦4等分にする。
② 鍋に【A】とゴボウを入れ、沸騰してから7~8分程煮て、下味をつける。
③ 別の鍋に【B】の材料を入れて弱火にかけ、トロミをつける。(鍋底をヘラでこするとゆっくり消える程度)
④ 皿にゴボウを盛り、冷ました③のソースをかける。
※ソースで和える場合は水分が出るので食べる直前に。

材料(1本分)
• ゴボウ …中1本(180gくらい)
【A】・白だし(煮物くらいの濃さに薄めたもの)…200㏄ ・砂糖…大さじ1
【B】・バルサミコ酢…大さじ2・はちみつ…大さじ2 ・しょうゆ…小さじ1
・パセリやチャービルなどの青み…適量