JA静岡市

文字サイズ:
1支店1協同活動

地域との交流

1支店1協同活動

JA静岡市「1支店1協同活動」は、農業と地域社会に根ざした組織として社会的役割を誠実に果たすため、組合員・地域の最も近くにある支店が、地域の一員として『親しまれ、信頼され、地域の拠点として貢献する支店』を目指して取り組んでいる活動です。

食育活動

②茶ー1.入れ方②米作り  P13-1支店1協同活動

サツマイモ堀り体験や米作り体験を職員がお手伝い。お茶の入れ方教室では、幼児期からお茶に親しんでもらおうと職員が保育園などに出向き、お茶の歴史や種類、効能などを紙芝居や寸劇をまじえて伝えます。実際に一人ずつ急須を使ってお茶を入れる姿は、真剣そのものです。

サービス・おもてなし

③浴衣1.全員

雨の日キャンペーン

七夕の日に、職員が浴衣姿で日頃の感謝をこめておもてなし。来店されたお客さまに冷茶サービスや、支店で育てた野菜で作った料理を振る舞いました。店内には願い事が書かれた七夕飾りも飾られました。
雨の日に来店されたお客さまに「雨の日あめ玉サービス」を行いました。

 

地域支援活動

P13-JAだより 1支店1協同    ⑥千代田ミニデイ

地域の皆さんと一緒に職員がカーブミラーの清掃や農道整備、ミニデイサービスのお手伝いなどを行いました。

 

地域活動参加

⑦竹灯篭    ⑧井川焼畑

地域の伝統行事を守る取り組みに職員も協力。七夕豪雨の記憶を風化させないために、あさはた支店を会場に地元の団体と協力して「竹灯篭祭り」が開かれました。幻想的な竹灯篭の灯とパネル展示などを行いました。
井川地区では「焼畑農耕」を復活させようと地域をあげて取り組みが始まりました。その畑では、在来ソバを育てて循環型農法を継承しています。