JA静岡市

文字サイズ:
児童のレシピ開発をお手伝い 藁科加工センターさくら

お知らせ

児童のレシピ開発をお手伝い 藁科加工センターさくら

 

藁科女性部の加工グループ「さくら」が、服織西小学校の6年生の総合学習に協力しています。子供たちは、地元新間のお茶を使ったお菓子作りにチャレンジ。テーマは「新間らしさ」と「食べた人を笑顔に」の2つです。子供たちが考えたレシピとデザイン画をもとに、さくらのメンバーが製作。子供たちが試食し、さくらのアドバイスを参考に改善点などを話し合いました。コロナの影響で、一緒に実習することはできませんが、試作と意見交換をもとに改良しているとのこと。完成が楽しみですね♪

(2020年9月17日)